エコ植民地主義の台頭。


恐ろしいニュースが入ってきて、正直びっくり。

アフリカでの太陽光発電設置が進んで、アフリカの人々に電気がいきわたる日が来るのを待ちわびる状態の現段階において、なんと、2050年までに北アフリカ地域で太陽光発電をして電力を作り出して、海底ケーブルでEUまで持ってこよう、という発想の企業コンソーシアムができたのだとか…。

エンジニア会社のABBとシーメンス、エネルギー分野のE.ONとRWE、そして金融機関のドイツ銀行とミュンヘンREなど、全部で12の企業が賛同。

ミュンヘンで署名がおこなわれたそう。

Desertec Industrial Initiative という形で研究開発をし、EUの電力需要の15%をアフリカからの輸送でまかなう、という考えだとか…。

これは恐ろしいです。

なぜって、太陽光は平等に人の上に降り注ぐものだったのに、それさえも人々は所有したり買い取ったりしようとしている。エコでも結局植民地主義が起きる。

一応、一定の割合はアフリカ地域で活用されることを約束しており、送電しEUに売るというビジネスモデルを入れることでキャッシュフローを改善したモデルを作り出しているのではないかと思う。また、その電力は海水の淡水化に適用されることを考えているという。

もうすこし、EUの中へ送電することになったアイデアを知りたいところ。EUで電力が枯渇するから、という理由なら、枯渇する分、EU側で努力して成長の限界に沿った経済成長と経済的生活をすればいいのに、それを放棄して、よそから取ってくるという発想を簡単に可能にしてしまうのは怖いところです。

http://www.wbcsd.org/plugins/DocSearc/details.asp?type=DocDet&ObjectId=MzUwNTQ

広告

エコ植民地主義の台頭。」への3件のフィードバック

  1. eco-colonialismでした。原文がどうも表示されないようなので、再度URLを乗せておきます。http://www.wbcsd.org/plugins/DocSearch/details.asp?type=DocDet&ObjectId=MzUwNTQ400 billion euro plan to bring African solar energy to Europe

  2. 植民地主義という言葉は、相当慎重にお使いになるべきだと思います。正当な価格付けによってアフリカにおける土地利用の対価が支払われている限り、安易に「植民地主義」「恐ろしい」といったことはいえないのでは。実際の契約内容を精査された上で、何らかの搾取の実態があって初めてそれは「植民地主義的」性質を帯びると思います。その点実態はいかがなのでしょう。

  3. 研究者さん、ご意見ありがとうございます。英語の記事の中で、「Eco Colonization」という単語がでてきていたので、安易に使ってしまいました。すみません。日本語に訳す時の言葉を今後は考えて使います。土地利用の対価が支払われる限り・・・は確かにそうですが、まだコンソーシアムができたばかりで、プロジェクトを作り出す時点らしいので、これから思想的にも精査される段階だと思うので、なんとも言えません。もしかしたら、このフェーズだからこそ、こうしたコンセプトベースの議論ができるのかもしれませんし、このフェーズのうちにそういったことが契約に入らないように、いろいろとアイデアを膨らませられるのかな、とも思います。未然の策として。なので、実態がどうなっていくのか、追っていこうと思います。もし、研究者さんもなにか追加的に情報を御存じでしたら、ぜひ共有いただければ、大変ありがたいです。どうぞ宜しくお願いいたします!今回は、アフリカにおける分散型発電の普及によって今後は電力需要を満たす、というサステナブル・ビジネスの方向性が最近持ち上がっているのに対して、こういった究極の考え方も出てきて、一概にNOとも言えず、なかなか難しいなあ、と思いました。それで感覚的にこれが発展すると「恐ろしい」ことに繋がるのでは、という印象を書いてしまいました。土地利用の対価、というのは、とっても根本的な疑問を提示していただいたと思います。ありがとうございます。さらに議論を発展させると、土地利用の対価を誰に払っているか、それから、土地利用という権利には何が含まれるか、というあたりが、もしかしたら議論のカギかもしれません。太陽光には権利が生じるのでしょうか?ある地域に太陽光パネルを設置できるとして、その土地の持ち主は太陽光発電をしたら周辺に電力供給をするよりも、欧州にトンネル経由で流す方を選択するとなると、その周辺地域に電力を供給する義務などは確かにありません。権利や契約の上ではそうなるかもしれません。太陽光という自然資源に対する権利の問題になってくる。すべてそれを土地の権利で解決できるのか分かりません。そしてさらにいうと、それが持続するビジネスなのか私には今の段階では分かりません。まだ裁判にもなっていませんし、たぶん基本的なコンセプトもこれからの状態だと思います。最近の環境ビジネス最前線で、もしそのような議論があれば教えていただければと思います・・・どんな研究をされていらっしゃるのか、是非教えていただければ、大変ありがたいです。どうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中