BOP事業の公募結果がでていましたね


経済産業省が8月31日〆切で公募をしていたそうですが、そちらの結果がでたそうです。

野村総研さんのホームページに掲載されていました。

事業内容はこちら

http://www.nri.co.jp/opinion/r_report/meti/090811.html

選考に残った企業はこちら

http://www.nri.co.jp/opinion/r_report/meti/090911_kekka.pdf

広告

BOP事業の公募結果がでていましたね」への2件のフィードバック

  1. shinoさん、ネットサーフィンしていたら貴方のブログに辿り着きました元同僚です。相変わらずの前向きな姿勢。多国籍企業に対する期待の話はとても合点いきました。ここのところ、気候変動にしろ、不景気にしろ、企業の体質が変わる外部要因が沢山あり、変化していける企業ってあるんですよね。そういうところが面白い。BOP事業で選考に残った企業もそういう気質を持つ企業なんだろうけれど、常連ばかりで個人的にはあまり面白くないなぁ~と感じています。最近ヒアリングした企業さん。とても地味で派手な戦略何もないけれど、地道にコツコツまじめにビジネスやっていて、これがまさに日本的と思いましたよ。こういうところがBOPに参入すればますます面白くなるのではと少し期待してます。ではでは、また遊びに来ます~。

  2. aikoさん、ありがとうございます!来てくださってありがとうございます。aikoさんにいろいろご報告しなければならないのに、できていないことがあって、今度あらためて、ご報告いたしますね。日本の中小企業で元気に世界も視野に入れる気持ちの企業が出てくると嬉しいなあと思います。イギリスで素晴らしい中小企業に会いました(Tさんに報告きいてみてくださいね)が、100%イギリス登録企業なのに、生産・販売はすべてバングラデシュです。製品も非常に重要な医療・予防関係の機器で、精密な加工も非常に頭の良いバングラデシュ人が加工し、その後、バングラデシュ国内で販売する以外にアフリカにも出荷しています。驚くべきことに、このオーナーは、実はBOPという言葉をしらなかったんです。つまり、そんな言葉は必要ない、ということですね。笑大きいか小さいかが問われず、アイデアと気持ちと、ニーズをつかみ取る能力さえあれば、必ずこの市場は大きく広がり、優秀な人材が集まってくる企業になると思います。また、こういう話、交換したいですね!バングラより。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中