NHKに出演してきました  経済ワイドビジョンe BOPビジネス


さきほどこちらの番組でBOPビジネスについて語ってきました。

http://www.nhk.or.jp/visione/archives/2009/0109/index.html

基本的に前半は「収益性を求める市場戦略」的な位置づけの入り方だったのですが、実は番組制作の段階からプロデューサーやディレクターの方とお話していたため、私がお話するパーツでは、収益性だけを求めるのではない、とう点や、女性のエンパワメントや現地の収益向上の重要性についてもきちんとお話できました。

小室さんと楽屋でお話していた時に、「おばちゃん力」の話になり、女性ってすごいんですよーーーって話をしてたんです。

結局、途上国も日本も変わらないですね。エンパワメントが必要なんだな、とつくづく思います。

今回もNHKにださせていただき、本当に勉強になりました。

やはり、中谷さんの掴む力がすごくて、的確で、本当に勉強になると同時に、色々助け舟を出していただきました。なごむ雰囲気を持っていらっしゃるだけでなく、とっても幅広い知識がその場でぽんぽんとつながっていく楽しさは、ご一緒していて、すごいと思いました。

それから野田さんのファシリテーションと番組の盛り上げ方には本当に学ぶところがありました。うなずき力という言葉を友人から聞いたのですが、野田さんは本当に話しやすい場を作り、アイデアを引き出す人です!

関口さんはものすごく難しいことを「咀嚼する」素晴らしい方で、直前までかなり難しい経済トークをされていたのに、番組になった途端、からりと分かりやすい内容でお話される。

こういうコミュニケーションは、実は全部現地で使えることだなあ、とつくづく思いました。

現地のBOP層と話す時に問われるのは、このコミュニケーション力です。

ともすると、タコツボ化しがちなこの問題ですが、なるべく、お茶の間にも分かりやすくすることが実は重要なんです。

実は、日本企業は色々な試みをしています。でも、それを大々的に広報できない裏側には、結構悲しい現実がありまして、「消費者の方々から、『貧困層に売り付けて、搾取してるんじゃないのか』と批判をされることがありまして…」という実態があるのです。

実際にそういう電話や苦情もあるようですよ。

「えーーー?」

BOPビジネスの最前線を追っている一部のマニアックの人には驚きの事実ですが、世の中の多くの方がそう思っているところがありますし、メディアでもそういう取り上げ方が多い。

これはいかん、ということで、NHKの方ともずっとお話させていただきながら、BOPビジネスを収益性だけで見るのではない、企業が多面的な「ごりやく」を求める様々なやり方についてもスポットライトをあててください、とお願いさせていただいておりました。

先日あったNGOで働いている方も、結構「BOPビジネス」のイメージが限定的で、「こういうのがBOPだろ」という乱暴なヒトククリがあったりするのです。

で、そのイメージは相当古いBOPビジネスの話だったりします。日々追っているマニアックなメンバーには、「うーん、それってBOPビジネスってもう言わないかも…」という範疇のものをさしていたりします。

その前提で企業批判や政府批判をしたとしても、意味がないですよね。

BOPビジネスってIT並みにグローバルに進化が早いビジネスだから、日々追ってないと厳しいかもしれないですね。

というわけで、企業も政府もNGOも、

途上国に対する誤解も、BOPビジネスに対する誤解も、企業に対する誤解も、全て「危険なひとくくり」のせいかもしれません。

本当は、一つ一つのケースに眠っている、可能性を引き出していく作業をするのが重要と思ってます。ポジティブな面を多くしていく作業をしていきたいと思っています。

というわけで、NHK出演は初でしたが、みなさんも色々なところで発信して、企業がもう少しやりやすく、そして、ポジティブな面をたくさん増やしていく方向でBOPビジネスを広げていくように、力をください!!

広告

NHKに出演してきました  経済ワイドビジョンe BOPビジネス」への5件のフィードバック

  1. たまたまテレビをつけ、そこで活き活きと、理路整然と、情熱をこめて話をしている若い女性がいました。思わず話題に引き込まれ最後まで興味深く見ました。低所得者層相手のビジネスというと、最近ではホームレスを相手に生活保護費を掠め取る貧困ビジネスが話題になっており、テレビでも時々放映されます。しかし、BOPビジネスは全く考え方が違うのですね!ノーベル平和賞を受賞したグラミン銀行のように双方がwin-winの関係、低所得者層の生活向上を側面から支援することによって企業も利益を得る考え方。世界はグローバル化しており、まさに日本が生き残る道はBOPビジネスしかないと思いました。槌屋さんがこれからもどんどんBOPビジネスを発信され、その魅力ある感性を存分に発揮されますように!!貴女のファンになりました。頑張って下さいね。

  2. 源氏太郎さまテレビをご覧になっていただき、かつ、こちらに書き込みもしていただき、本当に有難うございます。源氏さまの応援を読んで、一層胸が熱くなって頑張りたいと思いました。BOPビジネスも人にそれぞれ、各人各様の考え方があるのだと思いますが、源氏さまがおっしゃっていただいているようにグラミンのような考え方をNGOや非政府組織の領域だけにとどめないで、ビジネス全般に広げていくことが実は重要だと思います。中谷さんもおっしゃっていらっしゃいました。これからも色々な言説が現われてくるかと思いますが、最初の軸を忘れずに、基本的に何がビジネスの主体にあるかを忘れずに、この考えを深く思考していきたいと思います。源氏さまの応援を、日本でBOPビジネスを担っているメンバーたちに伝え、みんなで元気をいただきたいと思います。本当に有難うございました!!

  3. 番組の始めには全く知らなかった「BOPビジネス」を具体的に現状と将来像を加味して理解させていただき有り難うございました。非常に感銘を受けました。企業においてRC、CSR、プロダクトスチュワードシップ(PS)、Sustainability Indexなどの導入・定着を図っておりますが、具体的行動にどう結びつけるのか漠としておりました。個人、企業を問わず「環境・社会的課題の解決に寄与する」行動としてBOPがあり、一つ一つは非常に泥臭い地道な活動ですが、サステナビリティー実現に繋がる価値創造のエネルギーを感じました。信念を持って語られた言葉は魅力的であり力と希望を与えてくれます。槌屋さんのご発言はまさにそうでした。多くの人の繋がりの中で更なる発展を期待しております。

  4. kojiさまこんにちは。今回のNHK番組をごらんいただいて、ご理解を深めていただき、本当にありがとうございます。BOPビジネスという言葉には色々な意味を込められて、様々な意味でつかわれている様子ですが、koji様がこれからご自身の文脈でご理解いただけるのが一番いいと思います。サステナビリティーとの関連でご理解いただき、本当にありがとうございました。信念じみたところが過ぎるとよくないなと思いつつも、これは一つ、信じてみないといけないところもありまして、これからも適度に頑張りたいと思います。応援いただき、ありがとうございます。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。そして、どこかでまたつながりを持ってお会いできるかと思いますので、その時はどうぞ宜しくお願いいたします。

  5. NHKオンデマンドを初めて利用して視聴しました!分かりやすい切り口でBOPビジネスのエッセンスを再認識できました。まだ観てない方、19日までしかダウンロードできないので、お気をつけください。ツチヤさんお疲れ様でした!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中