狭い道に群がる志のソーシャリストたちよ


久々にロンドンで3時間話し込むというすばらしい出会い。

IDE(International Development Enterprise:世界を変えるデザインの中に出てくる足踏みポンプの設計を行ったNGOです)のPaul Polak。かの有名な「Out of Poverty」の著者です。

彼のフライト直前まで、メイフェアのシェパード・マーケットで話し込みました。IDEのメンバーと一緒に、IDEの長期戦略をああだこうだいいながら。(私はIDEのプロボノとして戦略立案のお手伝いを少しだけしているのです・・・)

彼とは前から会いたい、会おう会おう、いやいつ会えるのだ?と話していましたが、今回偶然、IDE UKのメンバーが「今日、ポールが着てるんだけど、shinoってイギリスに今いるわけ?いるなら、絶対あわせたいんだよ!!」と連絡が来て、「いるよーいるよーーー!!」と答えたら、急遽ミーティングに呼んでくれました。

MITのDlabの遠藤さん(Jaypur Footの義足開発に携わっています)と電話したときも、「僕の師で、ものすごい尊敬してるんです!!」といわれているポールさんですが、比較的、普通のおじ様の雰囲気をかもし出しつつ、ものすごい面白いです。

新しいものをきちんと吸収し、そして、「コネクト・ドット」ができる人。

目がきらきらしている人。

そして、なによりも「実行できるもの」「本当に売れるもの」「本当に使えるもの」それにしか興味がないという、ビジネススタイル。

こういう人ってどの世界にもいますね。そして、こういう人が世界をつなげて行くのを感じます。

違う分野にいても、同じ世界観を共有できる。

で、彼と話していて、日本の状況を色々と説明したり、どうすべきかを話していました。

急速に関心が広がり、Design for the Other 90%(世界を変えるデザイン)に対する関心、ソーシャルビジネスに関する関心、社会的起業・社会的企業に対する関心があまりに沸騰しすぎた状態になっている今、。。。。

一方で、誰もどこに向かっていけばいいのか指南役もおらず、現地と繋がれる人も少なく、現地のコミュニティに足を運べる人は「ラッキー」な状態になっている。

(コミュニティ側にとっても一気に沢山きてもらいたいわけじゃない・・・一度に2~3人、しかもきちんと実行につなげて行く能力のある人、というのが限度でしょうね)

つまり、

「狭い道に群がって、みーんな待ってる、志の高い人たちの列ができているような感じなんです」と私が説明する。

ポールも、ふーむ、どうしたもんかね、という顔をしていました。

そして、道が狭いが故に、悪い道、嘘の道、間違った道に誘導しようとする動きやサービスも出てくるかもしれない、つまり、それはコミュニティへの影響を無視した道を作る人が出てくるだろう、という懸念。そしてその道から出てきた商品は必ずしもコミュニティに貢献せず、「selling to the poor」と何が違うのだろう、と思わせるものになってしまうかもしれないという怖さ。

狭い道でもいいから少しPatientになって、正しい道、信じる道を進もうと思ってくれる、人たちを信じたいと思います。

そのPacience 忍耐こそが「ソーシャル」を考える意味であり、その人が「ソーシャル」であるゆえんなのです。

ポールと話してきて、少しこの問題に関しては解が見えてきました。これから一緒に色々と動こうと思います。

またその動きはブログに書いていきたいなと思います。

広告

狭い道に群がる志のソーシャリストたちよ」への4件のフィードバック

  1. 槌屋さん、ガイアの藤田です。ご無沙汰してます。これは、私もずっともやもやしていることです。ガイアは日本の中では比較的恵まれたポジションでスタートしたと思いますが、それでもまだ表面をかすっただけのようなもの。色々聞かれても「待ってください、まだまだなんです!」と思ってしまいます。でも同時にもっとたくさんの人に生の体験をする機会があればとも思いますしね。ガイアとしても、私個人としても、しばし自分の力をつける時期だなと思っています。長期戦でじっくり取り組む人がその姿勢を見せていくのがまず一歩かもしれませんね。インド、お気をつけて&満喫してきてください!

  2. D-Labの遠藤、陸らと一緒に大学を含めた技術×BOPのイベントを企画した土谷です。このブログポストにあること、私も盛り上げに加担した一人として少し悩んでいます。日本国内の盛り上がりの息を切らすことなく、サステナブルに開発現場への効果を長期に亘って出し続けられ妙案があれば勉強させてください。宜しくお願いいたします。

  3. コメント有難うございました。ぜひ、メールを交換しませんか。どうぞよろしくお願いします。私も盛り上げてしまった人なのでキチンと責任を持って取り組まなくてはと思っているのですが、色々な先人たちに相談したところ、やはり、「それはどこの国でも出てきたこと。仕方ないから放っておきなさい。真実を持つものだけが残るのだから。」と言われました。やはりそれしかないかも、と思います。なのできちんと自分達が取り組むプロジェクトだけでも、人々の生活から浮遊せず、きちんと地に足を着けて、進めていくことが重要と考えます。成功は必ず広まります。と信じています!

  4. 藤田さんコメントありがとうございます。もやもやは抜けきらない部分はあるのですが、自分ができることを地道にやっていくしかないですよね。インドにおられるようでしたら、ご連絡ください。小林さんもいるかな?連絡してみます!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中