お金の流れは急に変わる、やはり大から小への川の流れ


先日、ロンドンでBOP事業のための中間支援を行っているスタッフの人に色々話を聞いていたところ、彼女がため息をついた。

「DFID(英国開発庁)もやっぱりお上が変わると変わるから…。キャメロン首相になってから、実はアフリカへ回るお金が、現在中東に回るようになってしまって。」

なるほど…

やっぱりね…

なんかそんな予感してました…

この間までは、ゴードン首相はアフリカを注力的に開発することを念頭においていたので、ODI(開発庁お墨付きの(?)シンクタンク)でも、DFIDでも昨年からずっとアフリカオンリーの色だった。

特に、そのプログラムがいいな、と思っていたのは、アフリカの起業家支援・育成を組んだものが多くて、全て「生業(ライブリーフッド)」を生み出すためのものが多かったことだ。

この全般的なムーブメントは、イギリス全体に流れていたし、オックスファムにもワールドビジョンにも「マイクロ起業家支援ファンド」も立ち上がったり、起業家支援ブームだった。

それが特にアフリカは起業家の効果も高いし成長も早いというので、色んなプログラムにお金が投入されていたし、ロンドン市内でも沢山の「アフリカ投資」系のセミナーが開催されていて、援助も非援助も関係なく、アフリカへのお金の流れを肌で感じる1年だった。

沢山の個人投資家たちが、アフリカへの興味を前面に押し出して、歩き回っていたし、それ以上に、アフリカから来てイギリスで成功している実業家たちがかなり意欲的にイギリスのこの潮流に乗って、自国の再建、自国への誇りの回復を図ろうとしていて、涙を誘う感動のシーンもあった。

以前であれば、「イギリスに来て勉強して帰って自国のために働きます」という優秀な学生が多いところ、この1年感じていたのは「自国には戻れなかった。この国で苦労した。そして、自分は今銀行で働きスキルが身についた。あの国の現状をあなた方は知らない。私はこの国から出来ることをし、自国に帰れるようになりたい。」というシニアな方々が増えたということ。

その言葉の裏には、重みと苦しみと愛憎を感じるものだった。

こうした人たちは以前は、「自分はビジネスで成功し、仕送りすればいい」と割り切って、その愛憎を心の裏に隠して、平穏にロンドンで生活していたのであるが、それが最近のビジネスと開発の合流する地点でむくむくと熱いものが沸き滾りつつあった。

彼らが動きだすとすごいことになるだろう。そんな強い信頼を与えてくれる動きだった。

草の根の「自国助けて」運動とはまったく違う、彼らの野心的な目と彼らの「自分があの国でビジネスをして、公益になることをするんだ」という信じ込みは、誰よりも、何よりも強い。

この彼らの動きが最近急速に沈静化してきているように感じるのは、一つに、①景気が戻ってきて本業のビジネスが加速しているから、②イギリスの開発全体のムーブメントが一気に中東よりに変わり、現在、アフリカ関連の動きが鈍くなっているから、という理由のような気がしている。

ビジネス上はやはり資金の流れは引き続き続いていて、(だが、南アフリカのワールドカップがあったせいで、非常に偏っているような感じを受ける)投資の呼び込みも大きいが、前ほどではない気がする。やはりワールドカップが終わってしまったからか。

それと国のサポートというリスクヘッジが消えると、事業投資も難しくなるのだろう。

とはいえ、中東に向かった資金の使い道や、そこにまた起業家支援のようなプログラムが増えるのか、というと、そういうものがはっきりするまでまだ時間がかかる。

特に中東はお金の流れの渦がぜんぜん違う。ドバイ、アブダビという金融中心地もあるし、投資の入ってくるルートがぜんぜん異なるので、ビジネスと開発が一致する流れを交通整理するのにもう少し時間がかかりそうな印象だ。(だが、徐々に始まっている)

お金の流れはやはり「お上」によって変わってしまう。

これがもっと自発的に自律できる流れになるためには、どうしたらいいのだろうか。

でも、ケニアプロジェクト(BOPラボを通じて行っているケニアでの起業家支援プロジェクト)の話をすると、やはりこちらでも興味を持つ人が多い。特にシニア層マネージャー達やケニア出身の実業家たち。彼らは熱心に聴きながら、ふむふむ、と言って、自分が何が出来るかを知りたい、と言う。

投資先を探している皆さん、是非、アフリカの起業家と共に歩む長い道のりも、考慮に入れてみてはいかが?

流行にとらわれずに、強い目線と強い動機で、自国のために動き出す彼らと共に歩むことは、それだけで自分の人生を何度もふるいにかけられて、自分が自国のために何をしたか、自分が人類のために何をしたか、何度も問いかけられる瞬間のある作業です。

それをソーシャルリターンと呼ぶならば…

そんな簡単な一言や二言の言葉では呼べないリターンが大量に返ってくる投資でしょう。

こうやって小から大のお金の流れが生まれていくように地道にやっていくしかないのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中