朝から元気をもらい、「社会起業家を繋げる仕事」の次の形を夢想する


年末から新年にかけて、友人をなくすという体験をして、しばらく落ち込んでいましたが、その友人の友人(そして今は多分、色々な辛さを共有した友人となった方 笑)の声がけあって、六本木ヒルズで月1回行われているHills Breakfastでお話させていただく機会をいただきました。 http://hillsbreakfast.roppongihills.com/event/volume_12

こういう機会はめったにないので、最初は当惑だったけれど、全てが怒濤のように過ぎた後、こういう機会は本当に貴重だな、と感謝の念。
前々から知っていたけど行く機会のなかった「ぺちゃくちゃナイト」方式で、しかもその発案者であるマーク・ダイサムとアストリッド・クラインも来ていてお会いしたいと思っていたので、本当に嬉しかった。

 

写真を見ていたければ分かると思うけれど、ものすごい元気な人達が沢山・・・。いろんなご縁が人を繋ぐのだと強く感じ、朝からものすごいパワーで皆が動いているのでびっくりして元気をもらう。前日の夜12:00からスタートした資料作成で、睡眠時間もままならなかったけれど(笑)、コーヒーよりも強烈に一気に吹き飛ぶ興奮。

 

今回は、何に焦点をしぼって話そうかな、と考えながら、夜、すっかり寝てしまったので(笑)、お話はあまり熟慮されていなかったかもしれず、とても申し訳ないのですが、結局のところのナラティブは以下。

「Design for the other 90% (誰かのために理論)がありましたね、共感やじぶんごとにすることは重要でした→

だけど、今の潮流はDesign with the other 90% に向かいつつあるよね(誰かと共に理論)→

現場で一緒に作る →現場で観察・プロトタイプ化する→

コラボレーションを生む社内起業家が重要→

社会起業家と社内社会起業家がコラボできる場所づくり→

HUB Tokyo設立の動きをちょいと紹介」

という流れでした。

 

 

最初の方は自分が仕事でやっている、商品・サービスをBoP層に届ける為に行う「人作り」事業について、現地で働いている時の写真もベースにお話をした。これに興味を持ってくれた人も多かったみたいで、BoPという言葉は日本ではまだ人に夢を持たせる魔法を持っているんだなあ、と痛感。それから、セカンド・ハーベストのチャールズさんのホームレスの人達との仕事とも非常に似ていたし、Greenz.jpの兼松さんのソーシャル・デザインの話のプロセスは、全て私がやっていることと同じで、全然違う分野で同じプロセスで物事を動かしているんだなあ、と痛感。これが「ソーシャル・デザイン」と呼ばれる分野の共通項かもしれないなあ、と感じていた。

 

話の最後の方で出たHUB Tokyo構想は、実は昨年の春頃からずっと作りたいなと思っていて、亡くなった友人に相談をし、(彼は空間や建築を専門としていた)アイデアを作り始めていた。彼も「普通のCo-working Spaceには全然興味ないけど、これは何かそういうありきたりなものとは全然違うし、自分が考えている未来像の実験という意味でも面白いのではないか」という話になり、無菌室の病室からスカイプやメールをしながら、色々なコンセプトラインを一緒に決めて行く作業をしていた。

 

まだその頃は、「来年のいつかにできればねー」ぐらいの気持ちだったのだが、彼はたくさんの人にこのコンセプトを話していた。(私の知らないところで 笑)彼が亡くなり、その後、「あいつが言ってたプロジェクトだよね?」と色々な人が声をかけてくれる。彼が繋いでくれた人達が「あいつがやろうって思ってたんだったら、手伝うよ。いや、やらなくちゃ。いや、できるんじゃない?」という形で、わらわらと協力していただけるようになり、あっという間に物事が進み始めてしまった。彼がいたら、本当にほくそ笑んでいるに違いないのだが。彼がいないので、変なプレッシャーかけやがって、と、文句を言うこともできない(笑)

 

HUBとは、世界中に広がる社会的イノベーター達のネットワークシステムであり、そのカルチャーを指す。単なる場やCo-working spaceを指すのではない。彼が話していたアメーバのように面白い人達が広がる世界観を、HUBはある形で、実現していたのかもしれない。世界で既に30カ所あるが、さらに50カ所が自己増殖し続ける。この流れを、誰も止めることができない。

 

世界のイノベーター達は、生来の性質として、人と繋がることで成長してきた人達だ。世界中のイノベーター達と出会ったが、彼らは全員、人をベースにして、その価値を出す。人が繋がる場が出来ないと、東京という都市のイノベーションのレベルは、一定の停滞領域から抜け出る事ができないのではないか、と考えてみた。思ったことは行動に移す。それでHUB Tokyoの構想に至った。

 

今の東京にHUBのようなネットワークは既に存在している。イベントは起こり、エキサイトメントは高まるが、一過性で終わり、継続できない。東京で盛り上がるイノベーター達は仲間意識はあっても、分断されていて、まだまだひとりひとりで闘っている。

 

「労働者よ、団結せよ」とマルクスは語ったが、団結(Unify) の力はものすごい。社会変革は一人では出来ない。だが多くの人が同時に夢を見れば、その夢は実現する。そのためには、一人の優秀な人が社会起業家でいる状態よりも、多くの行動するUnitが伝染病のように広がって行くことの方がインパクトが大きく、社会変革が起こりやすいはずだ。

 

その化学反応を起こす、リアルな場としてHub Tokyo存在させるために孤軍奮闘、いや全軍奮闘、みなさんと一緒に作って行きたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中